脳神経外科・脳卒中内科・頭痛外来・漢方・一般レントゲン・CT随時

診療時間 日・祝
09::00〜12:00
15:30〜18:30

担当医  院長 中尾 哲
日本脳外科学会専門医・日本脳卒中学会専門医・日本頭痛学会専門医
京都大学医学博士・前神戸市民病院脳神経外科部長・元京都大学医学部臨床教授

脳神経外科では、主に次のような患者さんの診断、治療を行っています。
診察の結果、頭部CTの検査が必要と診断した場合には、当日、当院で頭部CTを行います。
更に、頭部MRI・MRA、脳波、脳血流検査などの検査が必要な場合には、当院より予約をいたします。
診察の結果、内科的専門治療、耳鼻科・眼科専門治療や外科的手術や放射線治療などが必要な場合は、適切な専門病院や診療所にご紹介します。

  • 頭痛、片頭痛、緊張型頭痛、群発頭痛、頭重感、頭鳴、肩こり
  • めまい、動揺感、フラフラ感、足元のふらつき
  • 言葉のろれつ障害、飲食物の飲み込みが困難
  • 物忘れ、言葉が分からない、記憶障害
  • けいれん、てんかん、意識の消失、失神
  • 目のかすみ、複視、視野の障害
  • 半身の手や足の筋力低下、歩行障害
  • 手足のふるえ、しびれ
  • 顔面のけいれん、痛み
  • 頭部や頚部に外傷や手術を受けた方
  • 脳卒中(脳梗塞・脳出血・くも膜下出血など)の既往のある方
  • 脳卒中の恐れがある生活習慣病(高血圧、高脂血症など)のある方

 

■ 頭部CT

<検査法>

CTは、脳組織のX線吸収値をコンピューターで画像化したものです。
頭部CTでは脳実質より白くみえる部位を高吸収域(high density area)、黒く見える部位を低吸収域(low density area)と呼びます。
高吸収域となる病気は、石灰化、血腫、腫瘍などがあり、低吸収域となる病気は、脳浮腫、脳梗塞、腫瘍、脂肪、空気などがあります。
等吸収域(脳と同じ色あい)となる病気は、腫瘍、慢性硬膜下血腫などがあります。
読影のポイントは、脳の変位(形の変化)、髄液の変化や病気の色合い(吸収値)をみて診断します。

<特徴>

CTは、MRIと比較すると空間分解能が劣り、病変検出能は低いのですが、骨、石灰化、出血の診断には優れています。
放射線被爆がありますので、妊娠中の女性は検査ができませんが、体内に金属がある人にも使用でき、検査時間も短いことより、MRIより利便性は優れています。
急いで病気を診断する場合には適しています。

<実例>

■ 頭部MRI・MRA

<検査法>

MRIは、磁力を用いて脳組織の原子核から出る反響信号の強さをコンピューターで画像化したものです。
頭部MRIでは脳の色合いは撮像法により異なりますので、病気の診断は、撮影の部位(頭蓋、脊髄など)や断層面(水平断、冠状断など)と、適切な撮像法を選択することが大切です。
基本的な撮像法はT1強調画像、T2強調画像、FLAIR法、拡散強調画像などです。
また、血液の流れている部位(血管)を写す撮影法MRA(magnetic resonance angiography)を行うと、頭部や頚部の血管の状態を知ることが出来ます。

<特徴>

MRIは、脳組織の様々な物理特性を定量化・画像化できること、空間分解能が優れていること、矢状断や冠状断など撮影方向を自由に選択できることから、病気の検出能が優れています。
放射線被爆はありませんが,、体内に金属がある場合や、妊娠初期にはMRIは受けることは出来ません。
また、撮影には時間を要し、急性期の脳出血、クモ膜下出血などを見逃すこともありますので、注意が必要です。

<実例>




当院では、随時、頭部CT検査を行っています。
頭部CTの結果、頭部MRI・MRAが必要と診断した場合には、撮影方法、撮影部位などを指定のうえ他院へ撮影を依頼し、当院より検査日時を予約します。
診察やCT検査の結果、万が一、MRA・MRAが至急に必要があると判断した場合は、専門病院へMRIなどの至急検査と治療を依頼します。

 

誰にでもある“頭の痛み”だけど・・・。

頭痛は、日常生活で誰でも経験する症状です。しかし、頭痛のなかには、風邪で頭が痛い,二日酔いで頭が痛いというような自然に治る痛みだけでなく、クモ膜下出血、脳腫瘍や髄膜炎など命にかかわる危険な病気が隠れている頭痛もあります。
急に起こった頭痛や初めて起こった頭痛では、命にかかわる危険な頭痛でないかを診断するため、専門医の診察を受ける必要があります。
また、繰り返し起こる頭痛も、「いつもの頭痛・・・」と我慢しないで、専門医の診断を受ければ、正確な診断と適切な治療がみつかり、つらい頭痛から開放されます。
「頭痛」を感じたら、専門医の診察を受けましょう

<命に関わる頭痛ってなに?>

脳腫瘍、くも膜下出血、脳出血、脳炎、髄膜炎など、脳の病気が原因で起こってくる頭痛が、「命にかかわる頭痛(危険な頭痛)」です。
これらの「頭痛」の特徴は、(慢性頭痛診療ガイドラインより)

  • 突然の頭痛
  • 今まで経験したことがない頭痛
  • いつもと様子の異なる頭痛
  • 頻度と程度が増していく頭痛
  • 50歳以降に初発の頭痛
  • 癌、免疫不全、精神症状などを有する患者さんの頭痛


「突然おこった、激しい頭痛」は「クモ膜下出血」「脳出血」の可能性があり、早期の診断が必要です。

●クモ膜下出血のCTスキャン(白い部分がクモ膜下出血)


●クモ膜下出血の原因の脳動脈瘤
(内頚動脈撮影;矢印が動脈瘤、左;正面像、右;側面像)


●脳出血(白い部分が出血)


●脳出血の原因の脳動静脈奇形(矢印が血管の奇形)


●脳腫瘍(膠芽腫:悪性の腫瘍);左の白い部分が脳腫瘍


●慢性硬膜下血腫(矢印、右側−患者さんでは左側―に多いが左右に血腫がある。)
軽微な頭部外傷から3週間から3ヶ月を経た慢性期に発生することが多い外傷性血腫です。高齢者では、記名力障害、痴呆症状、性格変化、片麻痺で発症することが多く、若年者では、頭痛、嘔吐などの頭蓋内圧亢進症状で発生発することが多い病気です。


<繰り返し起こるつらい頭痛(一次性頭痛)って、治るの?>

脳や身体に全く病気がないのに起こる頭痛を、「一次性頭痛」と言います。
一次性頭痛は、繰り返し慢性的に頭痛発作が起こり、日常生活が障害されます。
一次性頭痛の代表は、「片頭痛」「緊張型頭痛」「群発頭痛」です。
また、鎮痛薬を慢性的(週2-3回以上で3ヶ月以上)に連用すると、かえって頭痛がおこる「薬物乱用頭痛」もあります。
命にかかわることはありませんが、つらい病気です。よい治療法もありますのでご相談下さい。
詳しい治療法は、「慢性頭痛診療ガイドライン(日本頭痛学会)」を参照にして下さい。

慢性頭痛(一次性頭痛)
片頭痛
(へんずつう)
緊張型頭痛
(きんちょうがたずつう)
群発頭痛
(ぐんぱつずつう)
月に数回繰り返し起こり、頭の片側あるいは両側が脈打つようにひどく痛みます。吐き気を伴ったり、光や音に敏感になり、女性に多く見られます。 頭部の筋肉やストレスなどにより、頭全体が締め付けられるように痛みます。多くの人が肩や頸のこりを伴い、幅広い年齢層にみられます。 1−2ヶ月間ほぼ毎日続き、痛みは1−2時間持続します。片方の目の奥が激しく痛み、目の充血、涙が出ることがあります。男性に多く見られます。
【対処法】
薬で痛みを抑え、患部を冷やし、光や騒音を避けます。片頭痛予防薬や頓挫薬(トリプタン製剤)などが有効です。
【対処法】
マッサージ、入浴、体操などで血行をよくして筋のこりを解消します。痛みが強いときは、薬物療法も行います。
【対処法】
痛む時期には医療機関を受診し、適切な治療を受けます。群発頭痛の発作期は少量でもアルコールは厳禁です。

<検査>

血液検査・心電図・呼吸器検査

<健診>

●肺がん検診
(予約は不要です。40歳総合健診で受診券を持参された方、70歳以上の方、市が発行する受診券がある方は負担金ありません。)

●特定健診・特定保健指導(メタボ検診)
特定検診は随時おこなっており、予約不要ですが、食事をぬいて、できるだけ午前中にご来院ください(空腹時血糖の検査があります)。

なお、当院では「特定保健指導」は実施しておりません。
「特定健診」で「特定保健指導」が必要と診断された患者さんには、実施施設をご紹介いたします。

<予防接種>

●肺炎球菌ワクチン(成人用)

肺炎などの感染症の原因となる肺炎球菌という細菌を体内から取り除く働きのある抗体を事前に作り、肺炎球菌による肺炎などの感染症を予防するワクチンです。
なお、平成26年10月1日より定期接種となり、公費助成が受けられます。

接種をお勧めする方

  • ご高齢の方
  • 老人施設や長期療養施設などに入所中、入所予定の方
  • 慢性心不全や慢性呼吸器疾患のある方
  • 糖尿病の方
  • 腎不全、肝機能障害のある方
  • 脾臓摘出などで脾臓機能不全のある方


定期接種の対象者

  • 65歳以上で、今までこのワクチンを接種したことがない方
  • 60歳以上65歳未満で、心臓、腎臓もしくは呼吸器の機能またはヒト免疫不全ウイルスによる免疫の機能に障害を有する方

実施日;診察時間内で予約が必要です。お電話で前日の午前中までにご予約下さい。
費 用;定期接種(公費助成あり)4,000円(神戸市在住の場合)
なお、定期接種の公費助成を受ける場合は、接種時期が決まっていますので、詳しくは担当役所にお問い合わせください。

    公費助成がない場合:7,970円
但し、2歳以上で脾臓摘出を受けた方は健康保険が適用されます。

●インフルエンザワクチン(4価)

一般勧奨インフルエンザ予防接種のお知らせ

接種期間:平成30年10月15日〜平成31年1月31日

【年齢と自己負担額】
・1歳未満:1回目2,800円  2回目2,800円
・1歳以上13歳未満:1回目3,000円  2回目3,000円
・13歳以上65歳未満:1回目4,360円
・65歳以上:1,500円(1回のみ) 
上記は、神戸市在住の方が対象です。それ以外の方の負担額は、直接お問い合わせください。

※卵アレルギーが強いお子さんは受けることができません。
※2回目の接種は、1回目から2週間から4週間(3〜4週間が望ましい)の間隔をあけてください。

13歳以上で次の方は1回でもある程度の効果があります。
@ 昨年インフルエンザにかかった方
A 昨年予防接種を受けた方
B @Aに該当しないが、最近数年間には何回もインフルエンザにかかったり、予防接種を受けたりした方


副反応(ワクチンによるアレルギー反応)がないことを確認するため、原則として予防接種後30分はクリニック内で待機していただいています。
また、感染性の患者さんとの接触がないように個室を用意しています。
保育園・幼稚園・小学校などでで感染性の病気(おたふくなど)が流行していないかご確認下さい。
そして、心配なことがあれば医師にご相談ください。

●満65歳以上の方へ 高齢者インフルエンザ予防接種のお知らせ

クリニックでは、健康保険証または老人手帳を提示してください。

満60歳から64歳の方で、心臓・腎臓・呼吸器の機能障害があり、身体障害者手帳1級の方または同程度以上の方も対象となります。

接種料金:1,500円
【無料対象者】
@ 生活保護世帯:「生活保護適用証明書」を提示してください。ただし、当クリニックで診療を受けている方は不要。
A 市民税非課税世帯:「介護保険料のお知らせ(納入通知書)」の介護保険料が第1段階・第2段階の方。納入通知書をクリニックへ提示してください。
または@、A対象の方は区役所保健福祉部で「予防接種券」を受け取り、クリニックへ持参してください。

接種回数:1回(毎年1回)
接種期間:平成30年10月15日〜平成31年1月31日(できるだけ12月中旬までに受けてください)

インフルエンザ予防接種は、高齢者の発病防止や特に重症化防止に有効であることが確認されています。
予防接種を受けずにインフルエンザにかかった人の34〜55%は、予防接種を受けていればインフルエンザにかからずにすんだこと、また予防接種を受けないでインフルエンザにかかって死亡した人の82%は、予防接種を受けていれば死亡せずに済んだことが報告されています。

予防接種を受ける前に
気にかかることや分からないことがあれば、接種前に医師に質問してください。
問診表を書いていただきますが、正しい情報を接種医に伝えてください。
接種前に体温を測っていただきます。可能であれば、ご自宅で測ってきてください。

予防接種を受けることができない方
@一般的に37.5℃以上の熱のある方
A重篤な急性疾患にかかっていることが明らかな方
Bインフルエンザに含まれるワクチンによってアナフィラキシーを起こしたことがあることが明らかな方

*アナフィラキシー:予防接種後30分以内に起こるひどいアレルギー反応のこと。発汗、顔が急に腫れる、全身にひどいじんましんが出る、吐き気、嘔吐、声が出にくい、息が苦しいなどの症状に続き、血圧が下がっていく激しい全身反応です。

C前にインフルエンザの予防接種を受けたとき、2日以内に発熱、発疹、じんましんなどアレルギー反応がでた人
D今までに中耳炎や肺炎などにかかり、免疫状態を検査して異常をしてきされたことのある人
Eその他医師が不適当な状態と判断したとき。

予防接種を受けるときに、担当医師とよく相談しなくてはならない方
@心臓病・腎臓病・肝臓病や血液、その他慢性の病気で治療を受けている人
A今までにけいれんを起こしたことのある人
B今までに喘息と診断されたことのある人
Cインフルエンザ予防接種の成分または鶏卵、鶏肉、その他鶏由来のものに対して、アレルギーがある人

予防接種を受けた後の一般的注意事項
@予防接種を受けた後30分間は急な副反応が起こることがあります。医師とすぐ連絡を取れるようにしておきましょう。
Aインフルエンザワクチンの副反応の多くは、24時間以内に出現しますので、特にこの間は、体調に注意しましょう。
B入浴は差し支えありませんが、注射した部分を強くこすることはやめましょう。
C接種当日はいつも通りの生活をしてもかまいませんが、激しい運動や大量の飲酒は避けましょう。

事故救済制度について

定期(高齢者)・一般勧奨インフルエンザ予防接種の手順や料金は、神戸市で定められたものです。この接種で健康被害が発生した場合は、神戸市独自の事故救済制度が適用されます。

メニュー

脳神経外科で診る病気

検査について(CTとMRI)

頭痛外来
命に関わる頭痛・慢性頭痛

その他検査
血液検査、心電図、呼吸器検査

健診
肺がん検診 特定健診

予防接種
肺炎球菌ワクチン
インフルエンザワクチン

(外部リンク)

よく分かる「脳卒中」の話

よく分かる「生活習慣病」の話